プレジャーサポートブログ
2021年2月14日

【サロン運営 100の問い】Q18 タイムオーバーの割合を調べて減らす努力をしているか?


 
Q18 タイムオーバーの割合を調べて減らす努力をしているか?
 
スタイリストの失客原因の一つとして、上位に考えられるのが時間のかかりすぎですね。
 
以前業界の中で「滞在時間が長いお客様は単価が高いから、いかに滞在時間を伸ばすかがポイント」といった仮説が出回りました。
これは要因と結果を履き違えた考え方で、「滞在時間が延びれば単価が上がるのではなく、単価が上がるメニューをした方は、結果として時間が延びる」だけです。
誰も好き好んで美容室に長い時間居たいなんて人はいません。
 
何か新しい商品や特殊メニューならまだしも、カットの時間ならばなおさらです。
 
あるサロンでは予約表に実際の滞在時間も記録しておき、予約線を越えた分だけ、ゲーム感覚でレッスンをするなどしているのだとか。
 
皆さんも、ひとまずタイムオーバーを調べるところから、始めませんか?

totop

Mail Magazine

研修やセミナーの案内など、プレジャーサポートの最新情報をお届けします!