プレジャーサポートブログ
2021年2月3日

【サロン運営 100の問い】Q15 割引以外でのメリットを感じられるような紹介特典を考えているか?


 
Q15 割引以外でのメリットを感じられるような紹介特典を考えているか?
 
どんなお客様にお越しいただきたいのか?
お越しいただきたい方に見合うサロンなのか?
 
を考えることで、チームとしての方向性も見えてきます。
 
サロンワークを充実したものにするためには、どんなお客様でセット面を満たしたいのか?が重要ですね。
その意味で、ご紹介でお越しいただくお客様は、理想の顧客層にするためにも統一感を持ちたいです。
 
しかし、既存のお客様にご紹介をお願いする時に「こんなクーポンがあるからご紹介を。そのお友達にもクーポンがあるので」となってしまうと、「クーポン目当てのご紹介をお願いし、クーポン目当てのご新規様にお越しいただく」という悪循環になってしまいます。
単純に値引きをするよりも、可能な限りその次に繋がるようなサービスのお試しなどで誘導したいものですね。
 
仮に、1,000円の割引だと単純にカット料金のディスカウントになりますが、1,000円のトリートメントオフチケットならば、実費としては原価と人件費で済みますし、何より「1,000円の広告費を使った」と考えることができるわけですね。
 
こうやって「その商品に魅力を感じる顧客層」で固めていきたいものです。
 

totop

Mail Magazine

研修やセミナーの案内など、プレジャーサポートの最新情報をお届けします!