プレジャーサポートブログ
2021年1月24日

【サロン運営 100の問い】Q11 失客理由の仮説を立て、それに応じた掘り起こし策を講じているか?


 
Q11 失客理由の仮説を立て、それに応じた掘り起こし策を講じているか?
 
「失客理由はお客様自身も”何となく”が多いので分からない」というのは都市伝説です。
 
分からないのではなく、互いに知ろうとしていないだけではないでしょうか?
 
初めてのご来店から3回目までで、「お店に関心はあった」わけですから、4回目以降でご来店いただけなくなるという事は、何か理由はあったはずです。
(3回目までのクーポンを使い切ろうと最初から心に誓っていた方は、仕方無いかもしれません。)
 
まずは失客理由に対して向き合いませんか?
 
原因が分からないのに対策を講じるのは、その対策が失敗に終わるリスクも高く、スタッフにとってもストレスです。
とは言え闇雲に一人ずつ検証していくのは時間がかかりますので、例えば過去半年前にお見えになっていて、未だにご来店がない方をリストアップし、分類する所から始めましょう。
 

totop

Mail Magazine

研修やセミナーの案内など、プレジャーサポートの最新情報をお届けします!