2020年2月21日

263話 コミュニケーション能力

『コミュニケーション能力が高い人』と言われると、どんな人を想像しますか?

一般的には『話をするのが上手』というイメージが強くないでしょうか?

逆に『コミュニケーション能力が低いのが悩み』という人の多くが、『うまく人に話ができない』とか『自分が考えていることがうまく伝わらない』というように、どちらかというと“表現すること”をコミュニケーションと解釈しているケースが多いように思います☝️

しかし、実はコミュニケーションとはいくつかのステップに分かれていて、その何処かにエラーが起きていることが『コミュニケーション能力が低い』と定義づけられますね✋

【傾聴】人の話をちゃんと聴けず、自分を主語にした話で遮ってしまう

【記憶】メモや記録を取らないので、後になって曖昧な記憶を頼りに誤った処理をしてしまう

【要約】自分の言葉で整理しないので、お互いに“分かったつもり”になってしまう

【表現】言葉や文章などが足りない又は間違えているので、相手に誤解を与えてしまう

【訴求】一言添えることができないので、無愛想とか素っ気ないと思われてしまう

 

これらの小さな積み重ねがコミュニケーションなので、自身のどこにエラーが起きているのか確認し、改善したいものですね😊✋

totop

Mail Magazine

研修やセミナーの案内など、プレジャーサポートの最新情報をお届けします!