2020年2月10日

252話 小人閑居して不善をなす

小人閑居して不全をなす

(しょうじんかんきょしてふぜんをなす)

とは、

『凡人は暇を持て余すとロクなことを考えないのだから、ちゃんと働けよ』という意味と捉えられがち☝️

実際僕も昔はそう思っていました😅

しかしこれは、循環論法といって誤った解釈です☝️

循環論法というのは、ある事柄を定義づけようとしたときに、その説明の中にその事柄が含まれていることを指します☝️

この事例で言うと、『凡人が暇を持て余す→ロクな事を考えない』という理屈ですが、

『ロクな事を考えないやつだから、大した役割を与えられず暇を持て余す』という無限ループが含まれているわけですね🤔

ですから、正しい解釈は『凡人は他人の目が行き届かないとロクな事をしない』と考えるのが正解☝️

 

なぜ日曜日にそんな事を考えたのかと言うと、最近自分の中であまり良い思考のサイクルにならない事が多く、

理由を探って行った時に『あっ、今の俺、小人が閑居している』と考えたわけです😭

しかし、先ほどの様に『暇を持て余しているからロクな事を考えない』のではなく『他人の目が行き届かないからロクな事を考えない』わけで😅

とは言え50歳にも手が届こうかというおっさんが『誰も見ていないから』なんて言ってられないわけで😭

 

だからこそ、改めて理念やビジョンって大事だなと思うわけです🤔

常に心のお天道様に

『みんなの分かると分かり合えるのお手伝いが出来ているか?』

『自分の役割に自信を持てる行動が出来ているか?』

『互いの価値を認め合えているか?』

を答えられるようにしたいですね😊

totop

Mail Magazine

研修やセミナーの案内など、プレジャーサポートの最新情報をお届けします!