沿革
2005年
はじまり
当時勤務していたM’S FACTORYの子会社(保険代理店)として設立。
自分の会社になると思っていなかったので、適当に命名したのが【 BEST CHOICE 】。
2006年
基盤の完成
この頃から、財務コンサルティングと生命保険代理店で基盤ができるようになる。
2007年
第2のステージ
前職を退社し、子会社を買い取り”ご縁を大切に”という意味で付けた社名が【カルマ】
後日〇〇真理教と勘違いされ衝撃を受ける。
2008年
事業がはじまる
自社主催セミナー事業、障碍者支援事業、サービスコンサルティングがスタート
2009年
Pleasure Supportとしてのスタート
2年間で3日・3日・5日・5日・7日間の断食の末、社名を【 Pleasure Support 】に改名。
ビジネスプランコンペedge2010でファイナルに進出するも、現代表理事より「しょうもないプラン」と酷評される。
2010年
決断と新たなチャレンジ
自社主催セミナー、サービスコンサルティング事業撤退。
障碍者雇用2名にチャレンジするも、2名とも1年程度で退職。
2011年
これまでの経験から出した決意
代表が自分ひとりでできる仕事だけに絞ることを一旦決意
2012年
迷いの時期
何がしたいのかが曖昧になり、理念で動くか、手段に走るかで迷走。
2013年
大きなきっかけとなる出会い
志を同じにする現専務取締役・常務取締役の武田・島田両氏と出会い、共同経営を検討しはじめる。
2014年
セミナー事業の再スタート
株式会社NEW TOMORROWを設立し、本格的にセミナー事業を再スタート。(大阪・福岡)
オフィススタッフ芝の産休に涙するも、後藤の加入に救われる。
2015年
協働でPOSの開発をはじめる
エクシードシステム株式会社丸山社長が来社し、意気投合。新POSシステム開発。
芝の復帰で涙。
2016年
コンサルティング事業の成長
井本の入社で美容室のコンサルティングが加速し、渡邉が入社したことにより再び財務コンサルティングに注力できるようになる
2017年
Pleasure Support初、アプリの開発
小山がedgeの事務局に就任できたことで、「ビジョン支援事業部」のきっかけができる。
美容師さんの成長アプリPocketChief開発。
2018年
新たな取り組み
数年ぶりにインターン生を受け入れ、「plus 1℃ Worker」サイト立ち上げ。
POSシステムに連動させた「スタイリスト健康診断」システム開発。
経営方針発表会、創業感謝祭を実施。
totop

Mail Magazine

研修やセミナーの案内など、プレジャーサポートの最新情報をお届けします!