代表挨拶
お客様の喜びと未来をサポートする。

Pleasure Supportの代表をさせていただいている町です。
この度は弊社HPにお立ち寄りいただき、誠にありがとうございます。

私は大学を卒業後大阪の地方銀行に入行しました。
融資担当として全力で走り続けた数年間は充実したものでした。
銀行では中小企業の資金面でのサポートをさせていただき、数多くの企業様と苦楽を共にさせていただきました。しかし、徐々に『そもそもお金を借りなくても良い状態にするのが、本当の意味でのサポートではないか?』と考え始めました。
当時の金融機関では、『お金を貸すことでしか企業のサポートができない』と思い悩み転職を決意しました。

その後、会計事務所を経営母体とするコンサルティングの会社と、その後は財務コンサルティングの会社を共同経営で立ち上げ、中小企業の経営者を税理士さんや金融機関と橋渡しするサポートとして、財務面でのサポートをさせていただきました。
その数年間でもお陰様でたくさんのクライアントに恵まれ、本当に色々な経験を積ませていただきました。
しかし、徐々に『結局のところ財務は企業経営の最終結果=過去のデータ集計であり、もっと未来を創るサポートができないか?』と考え始めました。

そこで、数字を使って未来を創る為の社員教育サポートができないか?と考え、一念発起して会社を立ち上げました。
しかし、正直会社を立ち上げた当初は財務面でのサポートの延長線上というか、分かりにくい数字の話を現場の管理者やスタッフにかみ砕いて説明する、というレベルだったと思います。
そこから自分でも経営する中で色々な壁にぶつかり、理論上ではうまく行くはずのものが現実ではうまく行かないという事も多々ありました。
紆余曲折もあり、会社をどの様に方向付けるのかでもがき続けたというのが本音です。

ようやく数年前から自社ですべき事が何かが明確になってきて、少しずつ賛同してもらえる仲間が増えてきました。
この数年でようやく十数年前につけた社名であるPleasure Support、つまり、喜びのサポートをするという意味が自分でも分かりかけてきたように思えます。
間違いなく今まで私やこの会社を支えてくれ、成長させていただいたのはお客様であり、社員のみんなです。

お客様は私の写し鏡ですから、私の心の形がそのまま返ってきます。
自分の想いが曖昧だと社員が迷い始めますから、どうすればそれが伝わるのかを自問自答する内に、答えが見つかる事も多々あります。
私は【人は理念に集まり、ビジョンで動く】と考えています。
ただ、私は理念が完全に固まるほど成長もしておりませんし、ビジョンは出逢いの数だけ大きくなります。
これからも、お客様と社員のみんなに支えてもらいながら、恩返しをしていきたいと思っております。

totop

Mail Magazine

研修やセミナーの案内など、プレジャーサポートの最新情報をお届けします!