セミナー・イベント情報ブログ

非常識なサロン経営

日時:2021年2月17日~2021年11月24日 19:00~20:30

会場:Zoomオンライン


 
「非常識なサロン経営」
美容業界で15年以上経営・財務コンサルティングを行っているPleasure Support株式会社と
同じく美容業界で確かな実績を持つプロフェッショナル陣と共に、
今までの常識に囚われない、数字に執着した経営の考え方・実践方法を学んでいきます。
 
↓こちらのURLからお申し込みください。
https://forms.gle/9etLX4bf2ZgyGXn87
 
ーーー 開催情報 ーーー
■期間
2021年2月17日~11月24日
 
■開催スケジュール
※講師は左側の名前がメインスピーカーです。
 
テーマ:「採用」
採用コストの上昇は、本当に美容学生の減少が原因なのか?

日時:2月17日(水)
講師:藤田佳孝、町孝幸
 
テーマ:「集客」
HPBを辞めれば本当に集客コストは下がるのか?

日時:3月24日(水)
講師:西口知宏、町孝幸
 
テーマ:「出店」
本来家賃に含まれる費用とは?

日時:4月28日(水)
講師:吉田博、町孝幸
 
テーマ:「店販」
キャンペーンで上がった店販比率は、このまま維持できるのか?

日時:5月26日(水)
講師:町孝幸、渡邉一史
 
テーマ:「採用」
新卒社員の給料は、投資と考えて良いのか?

日時:6月23日(水)
講師:藤田佳孝、町孝幸
 
テーマ:「集客」
その集客コストの採算は、合っているのか?

日時:7月28日(水)
講師:西口知宏、町孝幸
 
テーマ:「出店」
集客コストは広告宣伝費だけで考えて良いのか?

日時:8月25日(水)
講師:吉田博、町孝幸
 
テーマ:「店販」
キャンペーンの目標は、売上金額だけで良いのか?

日時:9月29日(水)
講師:町孝幸、渡邉一史
 
テーマ:「財務」
「売上目標は昨対10%UP」で良いのか?

日時:10月27日(水)
講師:渡邉一史、町孝幸
 
テーマ:「年間計画」
「美容師は継続性がないから計画が続かない」は本当か?

日時:11月24日(水)
講師:町孝幸、渡邉一史
 
■開催時間
19:00~20:30
※質疑応答の時間も設けているため、多少前後する場合がございます。
 
■会場
オンライン
※「zoom」を使用します。
※インターネットの接続環境は各自でご準備ください。
 
■参加費:無料
 
■定員:各回100名
 
■お申し込み方法
↓こちらのURLからお申し込みください。
https://forms.gle/9etLX4bf2ZgyGXn87
 

 

 
 
■講師紹介
町 孝幸(Pleasure Support株式会社 代表取締役社長)
大学卒業後、地方銀行へ入行。銀行では預金業務・融資業務を学び営業職へ。
その後、会計事務所に転職し、税務署との折衝などを経験しながら金融機関向けの情報開示も手掛け、延べ、70社の顧問先を担当。
2013年に共同経営で財務コンサルティング会社を設立。その頃から美容業界のクライアントが増え、美容業界の方々の職業観やプロ意識に触れ感銘を受ける。
現在はPleasure Support株式会社の代表として、多くの美容室経営の社員教育及び財務コンサルティングに携わっている。
 
藤田 佳孝(office Gems 代表)
大学卒業後、一社を経て、神戸の美容商社に就職し、集客・スタイリスト育成・幹部研修・マネジメントの仕組みづくり・社風改善などの美容室のサポート活動
を行う中で、“事の向こうにある心”を大切にする事の重要性を感じ、心理学をベースにした活動を行う様になる。
その事がきっかけとなり、コミュニケーションをテーマとした、「日本ヘアケアマイスター2次試験初版テキスト」を作成する。
現在、心理学をベースに、人材採用・人材育成・組織づくりを提案する、人事専門のコンサルタントとして活動中。
 
西口 知宏(株式会社NITS 代表取締役)
大学卒業後、海外アパレルブランドに就職し、販売・ビジュアルマーチャンダイジングの仕事を行う。その後、某美容集客ポータルサイトの広告営業へ転職。
営業デビュー後すぐに、上司より引き継いだ担当サロンの中で、閉店が3店舗続出し、衝撃を受ける。誤った広告費のかけ方、打ち出し方など、広告の在り方
について疑問を感じる。その後2016年4月に本物の集客のサポーターになりたいと思い、個人事業主として美容サロン専門の広告運用代行事業をリリース。
同時期に、自身でネイルサロンをオープンしサロン運営を実践。2018年12月に株式会社NITSを設立。現在は美容集客ポータルサイトのみならず、幅広い
メディアを活用し、クライアントに合わせた広告運用と戦略立案のマーケティングサービスを提供。
 
吉田 博(株式会社メイククリエイション 代表取締役)
学生時代より多趣味の延長でモノづくりに目覚める。その中で、個性的な空間に来店客や働くスタッフが笑顔で幸せな時間が流れるお店を目の当たりにする。
その体験から、自身のモノづくりのベクトルを人や社会に貢献できる店舗設計デザインに定める。大手アパレル会社の新業態ブランド立上より参画する店舗設計
デザイン事務所に従事後、美容室業界の専門性に特化。10年以上美容室業界に携わり、新規開業や店舗展開など延べ500店舗以上の実績とノウハウを集積。
弊社ミッションである『私達は内装業ではなく夢実現業である』から、流行るお店を実現するための店舗設計を主体とするトータルサポートを行う。
 
渡邉 一史(Pleasure Support株式会社 執行役員)

金融機関で法人融資担当、融資審査部門を経験した後、Pleasure Support株式会社へ転職。
現在は財務・教育を中心に20の顧問先のコンサルティングに携わる。
コロナ禍の中立ち上げたLINEオープンチャット「サロンのお金」には、600以上の美容業界関係者が登録。
2020年4月からは中小企業の資金調達のお手伝いも本格的に取り組み、半年間で80社・合計15億円の融資案件に携わる。

totop

Mail Magazine

研修やセミナーの案内など、プレジャーサポートの最新情報をお届けします!