9Methodに基づく全体俯瞰図

断片的・部分最適の考え方に基づくマネジメントは結果として様々な部分でエラーを起こしがちです。
全体像をとらえ、全体最適の考え方に基づき9つのポイントを押さえたマネジメントを心掛けましょう。

9Methodに基づく全体俯瞰図 を詳しく見る(PDF 308kb)

9Method

①フィロソフィー構築

経営理念と社員のキャリアプランを連動させ、日常の行動と連動性と整合性を持たせます。

フィロソフィー構築 を詳しく見る(PDF 664kb)

②社員教育制度策定

キャリアプランを基に、それぞれのステージで学ぶべき事を形にし、机上の空論ではなく実践に生きる教育制度を創ります。

社員教育制度策定 を詳しく見る(PDF 665kb)

③人事制度構築

【評価・考課・成果・対価】の全てに一貫性のある制度を創り、現場の動機づけになる様な仕組みを創ります。

人事制度構築 を詳しく見る(PDF 663kb)

④中長期経営計画策定

5年後10年後の計画は“達成する為”ではなく“方向性を指し示す為”に、やはり必須です。

中長期経営計画策定 を詳しく見る(PDF 664kb)

⑤年間計画(方針書)現場運営ルール策定

中計と連動性を持たせながらも、現場の動きが把握できて社員が動きやすくなるような行動計画を創ります。

年間計画(方針書)現場運営ルール策定 を詳しく見る(PDF 668kb)

⑥個人計画策定・進捗

どんな立派な計画書も実行され続けなければただの読み物です。毎日の行動が変わる様な仕組みを創ります。

個人計画策定・進捗 を詳しく見る(PDF 664kb)

⑦財務分析

正しくタイムリーな情報を基に自社の課題を客観的に把握し、次の一手を早急にとる事が出来る仕組みを創ります。

財務分析 を詳しく見る(PDF 666kb)

⑧経理システム構築・予算設定

合理的で効率的なシステムを創る事が出来る作業をシンプルにし、正しいデータを基にした予算設定の仕組みを創ります。

経理システム構築・予算設定 を詳しく見る(PDF 665kb)

⑨情報開示資料作成

金融機関・社員・株主が知りたがっている、知らせるべきポイントを、定期的に伝える習慣を付けます。

情報開示資料作成 を詳しく見る(PDF 663kb)